人と人とが手を取り合い支えあって健やかに暮らせる福祉のまちづくり  
社会福祉法人水巻町社会福祉協議会 電話でのお問い合わせは TEL.093-202-3700
〒807-0025 福岡県遠賀郡水巻町頃末南三丁目11番1号

水巻町社会福祉協議会
会長あいさつ

 
 矢野 繁敏(やの しげとし)
  ○昭和19年 水巻町猪熊に生まれる
  ○昭和43年 高知大学文理学部理学科卒業
 【主な経歴】
  ○昭和44年 水巻町役場就職
  ○平成14年 水巻町役場退職
  ○平成14年 水巻町助役就任
  ○平成17年 水巻町助役退任
  ○平成17年 水巻町町長就任
  ○平成21年 水巻町町長退任
  ○平成26年 水巻町社会福祉協議会会長就任
 
 
 令和3年度 事業方針
 
 20年後の「2040年」には、高齢者数がピークを迎え、少子高齢化が引き続き進み、人口構造や社会の姿が大きく変化すると見込まれています。こうした社会の変化と新たな要請に応え、本会の果たすべき使命や経営理念を明確にし、その実現に向けた具体的な取り組みを示すため、「第1次発展・強化計画」を策定しました。この計画の使命に「誰もが支え合いながら安心して暮らすことができる『ともに生きる豊かな地域社会』づくりの推進」を掲げています。これは、地域に暮らす全ての人がそれぞれに役割を持ちながら共に創っていく「地域共生社会の実現」と「SDGs…誰一人取り残さない持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現」を組み合わせたものです。これらの社会の実現に向けて、地域福祉の推進の中核的な団体として、経営や組織基盤の強化に努めます。
 また、昨年改正された社会福祉法では「地域共生社会推進」の観点から市町村における包括的な支援体制の構築を進めるため、相談支援、参加支援、地域づくりに向けた支援を一体的に行う「重層的支援体制整備事業」が創設されました。これにより、複合化・多様化した地域生活課題の対応に向けて、地域住民とあらゆる関係機関が連携して課題解決に向けた取り組みを進める必要があります。このことは、これまで本会が取り組んできた「住民相互の見守り・支えあい」「地域連携・協働」による福祉のまちづくりと重なるもので、本会の果たすべき役割は益々重要となっています。
 本会では「誰もが協働し、話し合い、支え合い、安心して暮らすことができる地域」を目指し、住民同士の福祉コミュニティづくりである「地域福祉ネットワーク活動(小地域福祉活動)」の推進を今後も重点事業に掲げて、地域住民・行政・関係機関と連携を図りながら積極的に取り組みます。
 また、急速に進む高齢化や核家族化、精神・知的障がい者の親亡き後の問題などにより、成年後見制度の利用が必要なケースが増加していますが、判断能力が十分でない方を法律的に支援する成年後見制度や日常生活自立支援事業が十分に活用されていないのが現状です。そのため、住民の皆様が相談しやすい窓口として、令和2年4月より「権利擁護センター」をスタートさせました。町行政と連携のもと、地域連携ネットワーク構築し、成年後見制度の広報啓発や市民後見人・法人後見従事者養成講座などを実施し、必要な人に必要な支援ができる事業の運営と周知に取り組みます。
 事業運営につきましては、財源の確保と経費削減は不可欠です。本年度も引き続き、自主財源の確保に努めるとともに、本会事業にご理解とご賛同をいただけるように、住民の目線に立った事業運営に一層の取り組みを進めます。
 本年度も、基本理念である『人と人とが手を取り合い支えあって健やかに暮らせる福祉のまちづくり』を念頭に、地域住民、関係機関の参画のもと、行政機関と連携しながら事業を推進してまいります。
 
 
 
 
 
  Copyright©社会福祉法人 水巻町社会福祉協議会  All Rights Reserved.