人と人とが手を取り合い支えあって健やかに暮らせる福祉のまちづくり

本文へジャンプ
ホーム
社協の概要
地域福祉
相談したい
ボランティア
備品の貸出
介護事業
シルバー事業
会長あいさつ 
みずまき社会福祉
法人ネットワーク
権利擁護センター
 
 水巻町社会福祉協議会 会長挨拶

    矢野 繁敏(やの しげとし)  

〇昭和19年 水巻町猪熊に生まれる 

〇昭和43年 高知大学文理学部理学科卒業

【主な経歴】
〇昭和44年 水巻町役場就職
〇平成14年 水巻町役場退職
〇平成14年 水巻町助役就任
〇平成17年 水巻町助役退任
〇平成17年 水巻町町長就任
〇平成21年 水巻町町長退任
〇平成26年 水巻町社会福祉協議会会長就任
  




 赤い羽根街頭募金活動(10/1 ダイエー)  社協事業説明会(12/6 みずほ区公民館)


 平成30年度 事業方針
   現在、急速に高齢化がすすむ中、地域を基盤として課題を抱える方を包括的に支える、医療、介護などの専門的ケア、健康づくりや介護予防、地域の支え合いなどの仕組みづくりとして「地域包括ケアシステム」の構築が急務となっています。そのような中、平成29年度から水巻町より事業の一部を受託している「水巻町生活支援体制整備事業」では、生活支援コーディネーターの配置や協議体の設置など、住民の皆様と意見を交わしながら「安心して自分らしく暮らせる地域社会」の実現に向けて、事業を推進していけるように努めます。
 一方で、「我が事・丸ごと地域共生社会の実現」の新たな地域福祉のビジョンのもと、子ども・高齢者・障がい者など全ての人々が、支え手側と受け手側に分かれるのではなく、誰もが役割を持ち、活躍できる「地域共生社会」の実現が求められています。そのため住民参加の連携・協働の体制づくりや地域のつながりの再構築にも取り組みを進めます。
 これらのことを踏まえ、本会は「誰もが、高齢になっても、障がいがあっても、互いに支え合い、安心して、身近な地域で暮らし続けられること」を願い、住民同士の福祉コミュニティづくりである「地域福祉ネットワーク活動(小地域福祉活動)」の推進を今後も重点事業に掲げて、行政・関係機関と連携を図りながら積極的に取り組みます。
 また、社会福祉法人制度改革により、非営利法人としてふさわしいガバナンスと事業運営の高い透明性の向上に加えて、地域の様々な生活課題に積極的に対応することが求められています。昨年度設立した「みずまき社会福祉法人ネットワーク」により町内の社会福祉法人と連携・協働して、より一層地域社会に貢献する取り組みを進めていきます。
 事業運営につきましては、財源の確保と経費節減は不可欠です。今年度も引き続き自主財源の確保に努めるとともに、社協事業にご理解とご賛同をいただけるように、住民の目線に立った事業運営に一層の取り組みを進めます。
 本年度も『誰もが安心して暮らせるあたたかい福祉のまちづくり』を念頭に、住民の皆様に必要とされる社会福祉協議会を目指します。
 
                 社会福祉法人 水巻町社会福祉協議会   
            会長 矢 野 繁 敏


バックナンバー



 back



 お問い合わせ
社会福祉法人 水巻町社会福祉協議会
〒807.0025 福岡県遠賀郡水巻町頃末南三丁目11番1号 いきいきほーる2階
【代表電話】093-202-3700 【FAX】093-202-3708
【e-mail】mizumakisyakyou@bun.bbiq.jp